ホーム  >  盗聴器発見

盗聴器発見

私たち大幸総合地所は安心・安全に暮らしていただく契約サービスの一環として売買・賃貸問わずお引越し前に盗聴器発見サービスを希望の方にして差し上げていますのでご安心ください。

現在、日本で販売されている盗聴器になりうる機器は年間25万個ともいわれ、さまざまなものに形を変えて日常生活に溶け込もうとしています。
電源を乾電池に頼ったものは、電池を交換しなければ1週間程度で使えなくなります。しかし、家庭用電源や電話回線などから電気を取るタイプは、撤去しないかぎり電波を発し続けます。
*高性能な盗聴器の場合には発見できないケースもあることはご了承ください。

操作手順 ~室内に仕掛けられた盗聴器を探す~

1. 調査する部屋の中で、CDなどの音楽を再生し、室内に常時音が出ている状況にする。
2.盗聴ボタンを押す。
3. 電波を受信したときには、本機のスピーカーから出ている音と、室内の音楽が一致するかを確認する。
(一致する場合は盗聴器が仕掛けられている可能性があります)
《盗聴器が仕掛けられている可能性があるときには》
1.もう一度、盗聴ボタンを押す。
2.アンテナの方向を変え、アラーム音の間隔が短くなる場所を探す。
コンセント、壁、置き時計など盗聴器が仕掛けられている可能性のあるものに、本機アンテナを近づけながら、アラーム音の間隔が短くなる場所・箇所を特定します。
〈アドバイス〉

無線を使っていない機器(蛍光灯、パソコン、テレビ、ファックス、電子レンジなど)からも副次的な
  電波が出ています。
盗聴器は無線式だけではありません。また、無線式であっても発見できない場合があります。

ページトップへ